製品情報
オリジナル商品
ミストノズル

「Eco-Fog System (エコ フォグ システム)
室内を濡らさずに加湿。加湿にかかるCO2排出量は蒸気式に比べて20分の1以下で、二流体の水噴霧加湿システム。

背景

半導体・FPDなどのクリーンルームでは年間冷房と加湿が必要とされ、床面積あたりの消費エネルギーが一般事務所ビルの約10倍も大きいという特徴があります。冬期はクリーンルームに入れた外気を室内条件まで加湿する必要があり、±5%の高精度な湿度管理を要求される場合、通常蒸気加湿が使われます。このような高精度制御を省エネルギーで実施する方法として高圧空気と純水を用いた水噴霧加湿システムを開発しました。

システムの概要

本システムは、ミストを噴霧する二流体ノズル、噴霧水量を制御する制御弁、湿度センサ、ポンプ、制御装置から構成されています。二流体ノズルから噴霧されるミストの平均粒径は5~20μmであり、ON/OFF動作の加湿弁を時間比例制御する技術を確立することで、高精度な湿度制御が出来ます。

システムの特長
1. 優れた省エネ効果

クリーンルームの発熱を利用して、ミストをクリーンルーム内で直接気化(加湿)することで、外調機での蒸気加湿を低減でき、さらにミストの気化冷却により冷凍機の消費エネルギーが低減され、二重に省エネが図れます。

2. 少ないCO2排出量

水1トンを加湿するためのCO2排出量で比較すると、蒸気式では年間160kg-CO2であるのに対し、本システムは20分の1以下の排出量となります。また加湿に伴う気化冷却により冷凍機の電力量削減が図れ、さらにCO2削減となります。

3. 優れた制御性

連続的な噴霧量を制御することが難しい高圧一流体ノズルに対し、独自に時間比例制御技術を用いて優れた制御性を確保しています。

4. ノズルからの水滴の漏洩がない

独自の技術で従来噴霧の開始・停止時に見られた、ノズルからの水滴の漏洩を防止します。

導入実績

半導体工場、FPD工場に既に多くの導入実績があります。(韓国S電子、S電気、L電子など)?

ワンサイクルモーター

ワンサイクルモーターは主としてネジコアを使用するプラスチック成型金型においてネジ・ネジキャップの回転位置決めのために開発された製品です。

モーターの主電源とソレノイド(電磁弁)に成型機より電力を供給するだけで位置決めができるモーターユニットです。センサー等を使用せず、シンプルなクラッチを使用により、異積誤差は出ません。位置決めが必要なネジ製品などにサーボモーターの代用品として使用して頂けます。シンプルな構造のため、メンテナンスも容易です。医療関係や化粧品、飲料系の容器の金型で幅広くご使用頂いております。

モーターを通電させた状態で、ソレノイドに通電するとモーターの動力をクラッチをかえして出力軸側へ伝達し、1回転360度の位置で正確に止まります。ソレノイドへの通電時間を調整して頂くことにより、2回転、3回転と整数回転で止めることができます。